卒塾生の声

馬場 育訓

第1期生

馬場 育訓
株式会社 アロワ
代表取締役

私が入塾を考えたのは、起業してから15期が過ぎた頃、ただがむしゃらに日常業務を過ごしている時でした。

土屋会長には、小手先だけのテクニックで会社を経営しているようではいつか歪みによって崩壊してしまうという事、自ら人間学、社会の真髄を学んだ人間こそが大成するという事を学びました。

道端にころがる石ころ(私)を磨いてくれた土屋会長、今度は私達OB生が光輝くダイヤモンドになり周りに光を与え続ける事が最高の恩返しです。

「土屋人間社長塾」の魂は永遠に不滅です!

泉 卓真

第2期生

泉 卓真
株式会社
いずみホールディングス
代表取締役

私は入塾させて頂いた際に、自分に一つのルールをつくりました。それは、人間社長塾で土屋会長に教えて頂く物事を、とにかく素直に実行するというものでした。

土屋会長に教えて頂く物事が、良いとか、合ってるとか、私に分析や判断が出来るのであれば、もっと私共の企業規模は大きくなっているはずだと考えたからです。
私は土屋会長の教えを全て資料にまとめて、社内の研修に利用させて頂き、さらには経営理念から経営方針、戦略から全て考え直して社内で徹底共有をしました。

その結果、当時目標としていた企業規模はあっという間に超えてしまいました。大きく飛躍をするきっかけを頂いた土屋会長と人間社長塾での教えは、今も一番大切にしております。土屋会長には、経営者として結果で恩返しをさせて頂きたいと強く思っております。

土屋会長と人間社長塾と共に、これからも歩んで行きます。

米生 啓子

第3期生

米生 啓子
株式会社
グラウンドワーク
代表取締役

私たち第3期生から、現経営者だけでなく、次の経営者候補も参加させていただけることになり、住宅産業新聞社の小西征夫氏のご紹介により土屋人間社長塾で学ぶことができました。

毎月1回心地よい緊張感の中、土屋会長の経営者として、理念をもつことの重要性や会長自身の貴重な経験談を直接聞くことができ、経営者としての考え方、何を学び、何をすべきかをしっかりと考える機会を頂きました。

また、グループ討議の中で様々な経営者の方々の人となりを知ることができ、塾生同士の横のつながり、そしてOB会では縦のつながりと私にとってはすばらしい財産を得ることができました。

本当にありがとうございます。

池上 泰代

第7期生

池上 泰代
学校法人 
池上学園
副校長・事務長

7期を卒塾し、「入塾して良かった!」と喜びをかみしめています。

土屋会長の教えと「到知」の熟読を通して、人としての生き方そのものが経営の大きな土台だと学びました。 会長の「学んだものを実践し、継続し、結果を出す!」というお言葉により、学びをこれからの人生と経営において実践し、世の為、人の為になれる気が沸々と湧いています! これは本校校訓である克己・感謝・利他をより生徒に根づかせる為にも大きな示唆だと思いました。